岡山県の看護師の求人募集【転職・派遣・パートなど】

事業を起こすには事業計画書を作成する必要があります。

事業目標・構想が決まり資金の目途が起ったら、事業関係筋・特に金融関係(政府系金融機関・銀行)に起業目的を理解頂く為に事業計画書を提出せねばなりません。またこれは自分自身の起業への確認にもなります。紙に書く事によって自分の描いた事業に対する構想が客観的に観察でき、問題点や今後の課題がはっきりしてきます。ここに自分の経営理念を記す事で賛同者(ブレーン)を獲得する事が出来ます。試行錯誤しながら時間を掛けて書き上げていく内に現実味が出てきて自分自身で起業への正直で現実的なかつ実現可能な事項を記述する事ができれば、計画書がその大役を果たすことになります。まず金融機関(小切手・手形決済を依頼せねばならない信金・銀行)や取引先・事業の協力者、ひいては融資先(政府の金融機関・銀行・信金等々)には必要書類となります。事業計画書に記すべき項目としては一例として、[?事業の概要②起業の理由③取り扱い事業の特徴、優位性④提供するサービス等の概要⑤当事業でのノウハウ・スキル⑥ユーザー・クライアントの環境⑦人脈⑧広告宣伝の方法⑨問題点・・・等々]を記載する必要があります。

Copyright © 岡山県の看護師の求人募集【転職・派遣・パートなど】. All rights reserved